HOME > ばぶばぶstore > 木のうつわ céu セゥ > 職人さんとの出会い

職人さんとの出会い

ベビーうつわを制作してくださる職人さんの開拓は
ベビースプーン同様に時間をかけました。

作ることの根本的な目的が違ったり
月の生産量が足りなかったり

うつわ専門の工場なんだけど
質よりも量を扱う量産型で
気持ちを込めた取り組みのできる空気が
感じられなかったり。

いいモノを作るためには
「まぁいっか」は許されません。
だから決して妥協することなく
想いを共有できる職人さんを探すことに
全力を尽くしました。

そしてついに
ばぶばぶと同じ大阪で
木工旋盤という機械を使ってお皿やうつわを
専門に作られておられる作家さんと出会いました。
木工旋盤(木工ろくろ)とは
素材となる木材を機械に固定して高速で回転させ
職人さんの手先の感覚だけを頼りに
微妙な角度や力加減で刃物を当てていきながら
さまざまな形を削り出していく工作機械です。
「ナカジマウッドターニングスタジオ」の
中島信太郎さんは
作家としての制作活動に尽力するかたわら
ウッドターニングスクールを開講され
旋盤のワークショップの開催や学校の非常勤講師なども
手がけていらっしゃいます。

木材は、
木のベビースプーンと同じ
ミズメザクラで統一したかったので
スプーン制作の大分県「甲斐のぶお工房」より
送ってもらいました。

職人の業とは本当に素晴らしいです。
定規はポイントで使われる程度で
あとは見た目と指の感覚だけで
イメージに1歩1歩近づいていきます。

どの工程も
「これぞ手づくりだ!」と思わせる
作業が続きます。
仕上がったサンプルは実際に使ってみて
手のひらのホールド感
ごはんが入る量
さわり心地
スプーンでのすくいやすさなどチェック。

細かい部分で何度も何度も作り直して
いただきました。

1時間ほどかけてほぼできあがったうつわを見て
中島さんが

「あっ!これ虫食いだ!」

よく見てみると
小さな小さな針でついたほどの穴が
あいていました。

ここまで時間をかけて作って
目をこらして見ないとわからないような
小さな穴でも傷モノ扱いになるのです。

たいへんな仕事です。
だけど山で育った天然の素材であることを
改めて実感できた瞬間でした。

発案からおよそ2年ほど経過し
ようやく完成したベビーうつわを眺めて
嬉しい気持ちでいっぱいです。
木のベビーうつわは
木のベビースプーンとも相性は抜群です!

赤ちゃんの離乳食タイムが
楽しみになりそうです!
木のうつわ  céu セゥ
木のうつわ céu セゥ 4,270~4,450円(税込)
  • サイズ:
数量:
追加:
カゴに入れる

生産中

商品番号 babu-21520
送料:全国一律 640円(税込)
1円以上のお買い物で送料無料です。 午後3時までのご注文は当日出荷いたします。(土日祝日及び他休日は除きます。)