HOME > ばぶばぶstore > 革のエコー写真アルバム ブロット broto > 超音波エコー検査でこんなことを調べます

超音波エコー検査でこんなことを調べます

妊娠初期

赤ちゃんがまだ小さい妊娠初期は、
妊婦さん自身に
子宮筋腫や卵巣腫瘍などがないかなどを
まずチェックします。

妊娠4~5週には
赤ちゃんの入っている袋(胎嚢)

6週には
赤ちゃんの心臓が動くのが見えます。

8週になると、
頭や胴体、手足などの識別もできるようになり

9~10週には、
赤ちゃんの大きさを測って、
正確な出産予定日を決定します。


妊娠中期

妊娠中期には主に経腹超音波検査
(プローブをおなかの表面に当てる方法)
を行いますが

子宮口や子宮頸管の観察など、
必要に応じて
経腟超音波検査
(プローブを腟内に挿入する方法)
を行うこともあります。

妊娠中期には
胎盤の位置や頸管無力症などの
診断できるようになります。

妊娠週数が進み、
赤ちゃんが大きくなるにしたがって、
モニター画面に全身が入りきらなくなり
部分的にしか映らなくなりますが

目、鼻、耳、口、手足の指などの
細部が見えるようになります。
この時期の超音波エコー検査は、
もうすぐ生まれてくる
愛しい赤ちゃんを
さらに実感できるうれしい時間です・・・♪

妊娠20週前後になると
ゆっくり発達してきた胎盤の機能が完成!
赤ちゃんの発育もこのあたりから
スピードアップします。

心臓をはじめ赤ちゃんの内臓が
小さいながらもかなり見えるようになるので、
大きさや位置、
構造などを観察していきます。


妊娠後期

妊娠28週前後になると
赤ちゃんの体重が直線的に増加し
羊水量も多くなるのに加えて、
妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など
妊娠合併症が発症しやすい時期に
なってきます。

母体にも注意を払いながら、
さらに鮮明に見えるようになった
各内臓の形や機能、
血管の位置や構造などを
重点的に観察します。

妊娠34週前後には
赤ちゃんの体重が2000gに到達。

心臓や肺などの主要な臓器の働きが
子宮の外の生活にも
適応できるように成熟してきます。

生まれたあと
呼吸をするための準備が
急ピッチで進みます。
誕生後の肺呼吸に備える
規則的な胸郭の動きもチェックします。

羊水量は
赤ちゃんの状況が良いことを示す指標です。

他にも、
胎盤の位置や働き、
へその緒を流れる血流の状況など
赤ちゃんが順調に育つ条件が
整っているかどうかを調べ
赤ちゃんの推定体重が妊娠週数相当であるか
確認していきます。
革のエコー写真アルバム  ブロット broto
革のエコー写真アルバム ブロット broto 9,980円(税込) 日本製
数量:
追加:
カゴに入れる

在庫6個あり

商品番号 15-03452-24
送料:全国一律 640円(税込)
1円以上のお買い物で送料無料です。 午後3時までのご注文は当日出荷いたします。(土日祝日及び他休日は除きます。)