母子手帳の歴史

母子手帳の起源は、ドイツにあります。
1942年当時、ドイツの一部の病院では、
妊産婦の登録制度が設けられていました。

視察に訪れた厚生省が
そこで出会ったMUTTERPASS(母子手帳)に感銘!
日本でも導入することになったのが始まりです。

導入当時は母子手帳ではなく、
「妊産婦手帳」と呼ばれていて
すべての妊婦が交付してもらうものでは
ありませんでした。

だけど、
戦時中には妊産婦手帳を持っていると
物資や食料が優先的に配給されたことから

手帳交付を受ける妊婦が一気に増え、
やがては日本全国に普及しました。

そして世界で初、
国レベルで妊産婦登録制度が発足し
1966年「母子健康手帳」と改められました。

当初は妊婦さんや赤ちゃんの高い死亡率を
改善することが目的で作られた母子手帳、
1950年には1000人あたり60人が亡くなるという
途上国並みの乳児死亡率が母子手帳のおかげで
大幅に改善、現在では世界トップレベルに
低くなりました。

60年以上の歴史を誇る日本の母子手帳は
時代の移り変わりとともに、
社会・経済・医療・保健状況の変化によって、
手帳の内容もその時々の状況に応じて
改正が繰り返されています。

母子手帳に掲載されている内容は
ここ10年間だけでも
たくさんの変更がありました。

「離乳食完了」は
2002年4月までは1歳の欄に書かれていましたが、
1歳6カ月の欄に移り、

「断乳」と言う文字は
母子手帳から削除されました。

「日光浴」の言葉が削除され、
「外気浴」だけになりました。

予防接種の記録の欄が充実し、

妊娠中の日記のようなものが書ける欄が
増えました。

赤ちゃんの便の色を示す
カラーのカードが挿入されました。

乳幼児身体発育曲線も
10年毎に国としての調査が行われ
統計に合わせてそのつど改正されています。

現在の日本は
核家族化、共働き世帯の増加、
パパ、ママともに
家事も育児も協力するのは
当たり前になっています。

パパたちは仕事の苦労と喜びだけでなく、
家事の苦労と喜びも知っています。

そんな流れを受けて
2001年には厚生労働省で
パパの育児参加を促すため
「母子手帳」の名称を
「親子手帳」に変更する提案があり
検討会が行われました。

だけど

  「手帳の役割は
   健康リスクのある母親と
   子どもを守るため」

などの意見が多く
現行のままとすることになりました。

厚労省によると、
愛知県、宮崎県、沖縄県、岡山県などの一部自治体は
母子健康手帳を親子健康手帳に改め
通称として使っています。

また、子育て支援に力を入れている自治体では
母子手帳交付時の副読本として
パパ向けの手帳「父子手帳」を
導入しているところもあります。

さらに
IT企業も加わり
いまや母子手帳は電子化の動きも進んでいます。

「生まれる前からの子どもの情報は、
 親も医療機関も使える有効なデータ。
 予防接種の未接種者に一斉メールを送るなど、
 きめ細かい対応もできる」

と関係者の夢は広がっています。

とはいえ、
やっぱりパパママの愛がもっとも感じられるのは
直筆のアナログ文字だったりします。

子どもが成長したとき、
紙媒体の母子手帳を一緒に開いて
両親のそのときの気持ちに触れ
子ども自身が
「ここに自分が存在する意味」だったり
「信頼できるママがそばにいる」ことを
再確認できたり
親子の絆を深める意義もあることから

わたし個人的には
現行のアナログ母子手帳も
これからも変わらず存続して欲しいなぁ・・・と
思ったりしています。
母子手帳ケース laco ラッソ
母子手帳ケース laco ラッソ 11,000円(税込) 日本製
数量:
追加:
商品番号 babu-11923
送料:全国一律 640円(税込)
1円以上のお買い物で送料無料です。 午後3時までのご注文は当日出荷いたします。(土日祝日及び他休日は除きます。)